Connection: via IPv4
Your IP : 3.91.106.44

WindowsパソコンでPages、Numbers、KeynoteなどのMac系ドキュメントを開く

2018年10月21日

最近メンバーのPC環境がMacとWindowsで作業環境が混在することがよくあります。

特にSFCではMacが主流だからか、具体的にはWordとPagesが混在して資料として送られてくることが割とあるのです。

当方はメインPCとしてThinkPadシリーズを愛用しているためMacを持ち歩いていないです。
それに実家にあるマシンをVNCするのも大変なので、今回はWindowsだけでPages、Numbers、Keynoteのファイルを開く方法を紹介することにしました。

ズバリ
https://www.icloud.com を活用する、ということです。


iPhoneまたはiPad、iTunesなどから誰でも作れるApple IDでログインすると、Office OnlineのようにPages、Numbers、Keynoteをオンラインで編集できます。また、パソコンからのアップロードも可能なので今回のようにWindowsだけでPagesのドキュメントを見て編集することが可能です。

そしてなんとドキュメントをスパナのマークをクリックして”コピーをダウンロード”を選ぶとPages形式だけで無くPDF形式などの汎用的な形式で出力可能です。

スパナのメニューにある
(スパナのメニューにある”コピーをダウンロード”@Keynote)

Numbersの保存形式の選択肢はNumbers,PDF,Excel,CSV
(Numbersの保存形式の選択肢)

Keynoteの保存形式の選択肢はKeynote,PDF,PowerPoint
(Keynoteの保存形式の選択肢)

Pagesの保存形式の選択肢はPages,PDF,Word,EPUB
(Pagesの保存形式の選択肢)

これで簡単に取り扱えるようになります。そのまま編集しても良いしWord形式でダウンロードしてきて編集してもいいですね。

またおまけですが、Keynoteの機能 “Keynote Live”はパスワードが設定可能なリンクを共有するとスライドを発表中に同時に別のMacやiOS,ブラウザでスライドを表示できる機能です。Windowsでも利用でき、リンクを表示する人はAppleIDを持っている必要は無いのもメリットです。
Keynote Live

icloud.comはほかにもiCloudメールの読み書きやWindowsでiPhoneを探すときにも使えるので是非活用してみてはいかがでしょうか。