Connection: via IPv4
Your IP : 44.212.99.208
In English
Categories: Apple

WindowsパソコンでPages、Numbers、KeynoteなどのMac系ドキュメントを開く

最近メンバーのPC環境がMacとWindowsで作業環境が混在することがよくあります。

特にSFCではMacが主流だからか、具体的にはWordとPagesが混在して資料として送られてくることが割とあるのです。

当方はメインPCとしてThinkPadシリーズを愛用しているためMacを持ち歩いていないです。
それに実家にあるマシンをVNCするのも大変なので、今回はWindowsだけでPages、Numbers、Keynoteのファイルを開く方法を紹介することにしました。

ズバリ
https://www.icloud.com を活用する、ということです。


iPhoneまたはiPad、iTunesなどから誰でも作れるApple IDでログインすると、Office OnlineのようにPages、Numbers、Keynoteをオンラインで編集できます。また、パソコンからのアップロードも可能なので今回のようにWindowsだけでPagesのドキュメントを見て編集することが可能です。

そしてなんとドキュメントをスパナのマークをクリックして”コピーをダウンロード”を選ぶとPages形式だけで無くPDF形式などの汎用的な形式で出力可能です。


(スパナのメニューにある”コピーをダウンロード”@Keynote)


(Numbersの保存形式の選択肢)


(Keynoteの保存形式の選択肢)


(Pagesの保存形式の選択肢)

これで簡単に取り扱えるようになります。そのまま編集しても良いしWord形式でダウンロードしてきて編集してもいいですね。

またおまけですが、Keynoteの機能 “Keynote Live”はパスワードが設定可能なリンクを共有するとスライドを発表中に同時に別のMacやiOS,ブラウザでスライドを表示できる機能です。Windowsでも利用でき、リンクを表示する人はAppleIDを持っている必要は無いのもメリットです。

icloud.comはほかにもiCloudメールの読み書きやWindowsでiPhoneを探すときにも使えるので是非活用してみてはいかがでしょうか。

This post was last modified on 2021年10月14日 2:22 AM

Share
Published by
おきん(blog)

Recent Posts

[メモ]JellyfinでEntraID認証

概要 メディアサーバーのJel…

2週間 ago

MastodonでhCaptchaを使う

概要 Mastodonサーバー…

2か月 ago

Redisを6.0から7.xに更新する

概要 Ubuntu 22.04…

2か月 ago

CodiMDでEntra IDを使う

出来ること CodiMDのログ…

2か月 ago

CloudflareをDDNSみたいに使う

やりたいこと Cloudfla…

3か月 ago

This website uses cookies.