Connection: via IPv4
Your IP : 18.232.179.5
In English
Categories: MicrosoftServer

Hyper-Vで仮想マシンにVLANを通す

Hyper-Vに適当な仮想マシン(VM)を建てたとき、他の(特にホストOS型の)仮想化ソリューションになれている人なら、多くの方は気になることがあるはずです。

ネットワーク周りがわかりにくい。

その中でも、やりたいけどよくわからない定番設定 Tagged VLAN(Trunk)をVMに通す設定について説明します。

GUIからだとNICに対して1つだけAccessのVLANが設定出来るように見えますが、実はPowerShell(最近のバージョンならWindowsターミナルからでも開ける)でコマンドによってAccess、Trunkの設定が可能です。

以下のコマンドで通すTrunkの設定が出来ます。

Set-VMNetworkAdapterVlan <VM-Name> –Trunk –AllowedVlanIdList 1-4094 –NativeVlanId 0

Set-VMNetworkAdapterVlanでは-AllowedVlanIdListで通すVlanId(1-4094)を、–NativeVlanIdでUntagedなパケットのVlanId(0-4094)を指定できます。0は物理NICや仮想スイッチから見てUntagedなVlanIdに対応します。

上記の設定の場合はVM上の全て仮想NICについて、全てのTagged VLAN(VlanId 1-4094)を通過させ、ネイティブには物理NICと同じLAN(VlanId 0)に接続するということになります。

(VMの中でも仮想NICを限定したい場合はオプション-VMNetworkAdapterNameを使います。Get-VMNetworkAdapterVlanでネットワークアダプターの名前を確認できます。)

 

参考文献

This post was last modified on 2022年9月30日 1:49 PM

Recent Posts

This website uses cookies.