Connection: via IPv4
Your IP : 44.212.99.208
In English
Categories: MicrosoftServer

Hyper-Vで仮想マシンにVLANを通す

Hyper-Vに適当な仮想マシン(VM)を建てたとき、他の(特にホストOS型の)仮想化ソリューションになれている人なら、多くの方は気になることがあるはずです。

ネットワーク周りがわかりにくい。

その中でも、やりたいけどよくわからない定番設定 Tagged VLAN(Trunk)をVMに通す設定について説明します。

関連: PowerShellでHyper-Vの仮想スイッチを作る&ホストにTagged VLANを追加する[Pro/Server向け]

GUIからだとNICに対して1つだけAccessのVLANが設定出来るように見えますが、実はPowerShell(最近のバージョンならWindowsターミナルからでも開ける)でコマンドによってAccess、Trunkの設定が可能です。

以下のコマンドで通すTrunkの設定が出来ます。

Set-VMNetworkAdapterVlan <VM-Name> –Trunk –AllowedVlanIdList 1-4094 –NativeVlanId 0

 

Set-VMNetworkAdapterVlanでは-AllowedVlanIdListで通すVlanId(1-4094)を、–NativeVlanIdでUntagedなパケットのVlanId(0-4094)を指定できます。0は物理NICや仮想スイッチから見てUntagedなVlanIdに対応します。

上記の設定の場合はVM上の全て仮想NICについて、全てのTagged VLAN(VlanId 1-4094)を通過させ、ネイティブには物理NICと同じLAN(VlanId 0)に接続するということになります。

(VMの中でも仮想NICを限定したい場合はオプション-VMNetworkAdapterNameを使います。Get-VMNetworkAdapterVlanでネットワークアダプターの名前を確認できます。)

 

参考文献

This post was last modified on 2023年11月15日 8:38 AM

Share
Published by
おきん(blog)

Recent Posts

[メモ]JellyfinでEntraID認証

概要 メディアサーバーのJel…

2週間 ago

MastodonでhCaptchaを使う

概要 Mastodonサーバー…

2か月 ago

Redisを6.0から7.xに更新する

概要 Ubuntu 22.04…

2か月 ago

CodiMDでEntra IDを使う

出来ること CodiMDのログ…

2か月 ago

CloudflareをDDNSみたいに使う

やりたいこと Cloudfla…

3か月 ago

This website uses cookies.