Connection: via IPv4
Your IP : 44.192.15.251
In English
Categories: LinuxServer

cloudflared起因でサイトがダウンしたときに活を入れる

概要

cloudflared(Cloudflare Tunnel)の再接続で直るタイプの不調でサイトがダウンしたことを検知して、自動的に再接続させる方法について紹介します。

解決策

簡単なスクリプトで監視と再接続を行います。

#!/bin/bash
ENDPOINT="<your-site-url>"
HTTPCODE="$( curl "$ENDPOINT" -o /dev/null -w '%{http_code}\n' -s)"
if [ "$HTTPCODE" = 530 ];then
  # 特権昇格
  [ "$(id -u)" != "0" ] && exec sudo "$0" "$@"
  # 多重起動防止
  exec {lock_fd}< "$0"
  flock --nonblock ${lock_fd} || exit 0
  /usr/bin/systemctl stop cloudflared
  /usr/bin/systemctl start cloudflared
else
  echo "OK"
fi

 

もしTunnel関連のエラーで出る530以外でも再接続させたいときは"$HTTPCODE" = 530! "$HTTPCODE" = 200などにすると良いでしょう。

利活用例

以下の場合などにこのスクリプトは利用できます。

  • cloudflaredで公開しているサーバーが・・・
    • Wi-Fiやモバイルデータ通信を使っていて途切れやすい
    • warpと併用していて不安定になりやすい

This post was last modified on 2023年3月30日 8:05 AM

Share
Published by
おきん(blog)

Recent Posts

MastodonでhCaptchaを使う

概要 Mastodonサーバー…

1週間 ago

Redisを6.0から7.xに更新する

概要 Ubuntu 22.04…

2週間 ago

CodiMDでEntra IDを使う

出来ること CodiMDのログ…

4週間 ago

CloudflareをDDNSみたいに使う

やりたいこと Cloudfla…

4週間 ago

災害時等の各種サービス提供について

災害時等に備えた取り組みやサー…

2か月 ago

This website uses cookies.