Connection: via IPv4
Your IP : 54.226.209.201

optimus itの擬似永久Root取得

2014年7月22日

お約束の
もし、自分の端末が素敵文鎮になっても泣かない。問題が起きても自分で調べて解決できる。購入店舗に駆け込まない。文鎮になった端末まで愛せる。
という人は先へお進み下さい。


一時rootkit兼擬似永久root取得準備kitを作成しました。
ダウンロードはコチラです。
参考にしたのはちびスマホ王国氏です。
今回は擬似的な永久root化なので
Script managerで端末起動時に
「./data/local/tmp/unlock_security_module」
を実行させて再びsuにアクセスできるようにします。
まずplayストアからScript Manager をインストールしてきます。

初回起動時はこのようになっています。
「browse as root」をタップして有効化しておきます。
恐らく以下の様に出てくるので許可を出してやります。

そして

赤丸をつけたところを何度かタップして/フォルダまで来てください。
↓/フォルダのイメージ

上から何番目かの”data”をタップし

上の画像で青く選択された項目”local”をタップ

同じく青く選択された項目”tmp”をタップ

そして青く選択された項目”unloc_security_module”をタップすると

このようにポップアップするので画像と同じようにbootをオンにしてください。
これで作業は終了です。
念のため再起動を掛けて
しばらくするとステータスバーに

このように表示されます。
完了すると自動的に消えるので少し待っていてください。
それではL-05Dで快適なスマホライフをお過ごしください。


追記2014/07/15
一部環境で起動時既にrootが取れているがwifiが使えない・systemフォルダがマウントできない事が有りますが、端末から以下の手順で問題を修正できます。

Script Manegerを開いてメニューキーを押してください。
上から二番目の”Scripts”をタップすると

このようになります。
ここから赤丸を付けたunlock_security_moduleをタップして
“run”をタップして実行してください。
しばらく時間がかかりますが

この様になったら完了です左上の☓をタップしてアプリを終了してください。
追記2014/09/20
もし上記の作業が失敗したときの操作手順は
バッテリーを抜いて10秒ほど待ってから再度起動

追記のWi-Fi有効化を実行

Xposedをインストール

失敗したら初めから・成功したらそのままお使いください。
になります。
またもしWi-Fi・テザリングがうまく機能しなくてもXposedは関係ありませんのでアンインストールの必要はありません。
追記2014/07/15
こちらの方法でMVNOでもテザリングできます。
追記2014/09/19